水泳肩

↓肩のストレッチや体操を知りたい人はこちらをチェック↓

画像


↓痛くて動かない!手術や注射から避ける方法はこちら↓

画像

水泳肩について

水泳肩とはクロールでよく起こる肩の障害です。

 

バタフライでも起こる症状ですが、多くは使いすぎによるものが大きいです。

 

肩の関節は基本的に肩甲骨と上腕骨の動きによって可動しています。

 

つまり、肩関節の周りの筋肉と肩甲骨周りの筋肉が共同して
うまく動いているということです。

 

どちらかの筋肉が疲労して弱くなると、うまく共同して働かなくなるので、
靭帯や筋肉の腱などがこすれ合ったり、挟み込まれたりするのです。

 

ですから、水泳肩にならないようにするためには、
肩周りの筋肉の強化やケアがとても重要となってきます。

 

また、使いすぎ以外の原因としてはフォームの問題があります。

 

これは肩を使う競技はすべて同じです。

 

肩の構造上、腕の捻りや動かし方があっていないと、
筋肉に問題がなくても、衝突したり、挟み込まれてしまうことがあります。

 

ただ、フォームの改善については難しいところです。

 

なぜなら、人それぞれ可動範囲が違うからです。

 

見かけ上の動きにだまされて、実は肩に障害が起きているというのは
よくあることです。

 

ですから大事なことは、理想のフォームを真似することではなく、
肩の構造上問題がない動きが出来ているかどうかが大切です。

↓痛くて動かない!手術や注射から避ける方法はこちら↓

画像

水泳肩について関連エントリー

首からくる肩の痛み
肩の痛みで悩んでいる人の為に、肩の痛みについて調べてみました。
首の障害について
肩の痛みで悩んでいる人の為に、肩の痛みについて調べてみました。
五十肩について
五十肩による肩の痛みについて調べてみました。
石灰沈着炎について
石灰沈着炎による肩の痛みについて調べてみました。
野球肩について
野球肩について調べてみました。
ゴルフ肩について
ゴルフ肩の痛みについて調べてみました。ゴルフ肩で悩んでいる人は参考にしてみてください。

このページの先頭へ戻る