左肩の痛み

左肩の痛みの判別法

私はこちらのDVDを参考に肩の痛みや肩こりの症状を緩和しています。

 

 

画像

 

こちらは主に自分自身で行うストレッチDVDです。

 

基本ストレッチ

中川式ストレッチと諸治療の組み合わせ

適切な筋力トレーニング

 

この3点をミックスし、肩や首の痛みを改善します。
50万人の人達の症状を改善してきた方法です。

 

画像

 

画像

 

こちらは全国展開している整体院の施術内容です。

 

1人でも出来るのですが、パートナーが整体師と同じ
施術をすることが出来ます。

 

五十肩というより、肩の痛み全体に行える内容です。
わかりやすく解説されていますので、パートナーが協力してくれれば整体院に行かずに済みます。

 

画像

 

 


 

左肩の痛みで注意しなければならない点があります。

 

それは「内臓から来る痛み」か「筋肉、神経的なものから来る痛み」なのかを
しっかりと判別することが大切です。

 

内臓から来る痛み」であれば、内科的な治療を行わなければなりません。

 

筋肉、神経的なものから来る痛み」は整形外科や整骨院、整体などで、
改善する可能性が高いでしょう。

 

 

ですから、まずどちらが原因で痛みが出ているのかを考えなければなりません。

 

ちょっと難しそうに思うでしょうが、判別方法は簡単です。

 

1.動かして痛みが増す

 

2.何もしなければ痛くない

 

3.痛い部分を指で指すことができる

 

 

3つとも当てはまれば、「内臓」が問題となることはないでしょう。

 

「動かして痛みが増す」について考えてみましょう。

 

筋肉を動かして痛いということは、
筋肉に負担がかかり痛みが出ているという事になります。

 

つまり内臓に問題があることはほとんどないでしょう。

 

 

「何もしなければ痛くない」について考えてみましょう。

 

「内臓」に問題ある場合は何もしなくても痛いです。
逆に筋肉や神経に問題があると痛みが増強します。

 

 

「痛い部分を指で指すことができる」について考えてみましょう。

 

内臓系や神経系であれば範囲が広いので指で指すことができません。

 

筋肉に問題があると、痛みの出ている場所を
ピンポイントで押さえることができます。

 

 

お腹が痛くなったときを思い出してみてください

 

腹筋を鍛えたあとは、動かさなければ痛くないと思います。
しかし、くしゃみや笑い、動作をすると痛みが出ます。

 

でも、胃炎や腸炎、便秘などであれば、動かなくても痛みはありますよね?

 

肩の痛みも同じです。

 

一般的に左肩の痛みで内臓に問題がある場合は、「心臓」に問題があるといわれています

 

もし、内臓系の痛みでなければ、筋トレや体操、ストレッチなどを行うことで、
自然に改善することが出来るでしょう。

 

 

 

左肩の痛みのコラム

左肩の痛みでも、右肩の痛みでも、肩が痛くなるという事は、
年齢に問わず、珍しい症状ではありません。

 

運動不足や、過度の運動で、左肩の痛みを訴え初めてしまうという事があるのは、
至極普通の事だと言えるからです。

 

 

では次に、左肩の痛みに、ある症状がプラスされているという場合は、
どう考えれば良いか、説明していきます。

 

たとえば、左肩の痛みに頭痛が加わっているという場合、これはどう考えるべきなのでしょうか。

 

おそらく今の段階で、この左肩の痛みと頭痛という二つが合わさっているパターンに
当てはまっているという方はいるはずです。

 

そして、そういう方が、今までのように左肩の痛みは、誰にでも起こりえるものだし、
肩こり程度なのだろうと考えているのかもしれません。

 

 

しかしながら、その考えは、こうした左肩の痛みと頭痛という併用のパターンに、
当てはめる事はできないと思います。

 

 

左肩の痛みと頭痛、耳鳴りやめまい、こうした症状が合わさっているという方は、
すでにただの肩こりというものではないことを疑わなければならないでしょう。

 

 

もしあなたがこうした左肩の痛みとその他の症状が重なっているというのなら、
それは、内臓系に病気を抱えている可能性があると考えるべきです。

 

ここでさらなる説明を行うのは難しいと考えているので、
左肩の痛みが、ただの肩こりか、他の病気か、判断する簡単な方法を教えておきます。

 

 

自分でも良いですし、誰かに頼むのでも良いのですが、左肩の痛みがあるところを、
揉んでみて、楽になったというのであれば、それは肩こりだと思えます。

 

 

逆に左肩の痛みが全く消えないというのであれば、
それは他の事が原因となっている可能性が大きくなるので、病院等へ向かうべきかもしれません。

 

内臓からくるものであれば心臓が悪いなどという場合もあるかもしれません。
そういった場合は揉んだところで改善する事はないはずです。

 

簡単な判別方法ですが、わりと効果的だと思います。

↓痛くて動かない!手術や注射から避ける方法はこちら↓

画像

左肩の痛みの原因関連エントリー

痛みの原因
肩の痛みの原因について調べてみました。
痛みの原因2
肩の痛みの原因について調べてみました。
右肩の痛みの原因
右肩が痛くなった場合、特別に何か原因があるのでしょうか? 右肩の痛みの原因について調べてみました。
しびれが出る場合について
肩こりや肩の痛みでシビレが出る事はよくあります。 しびれについて調べてみました。
肩の痛みと音の関係
肩こりや肩の痛みで悩んでいる方でコリコリと音がすると悩んでいる人は多いようです。肩の痛みと音について調べてみました。
肩の痛みとインナーマッスル
よく肩のインナーマッスルを鍛えた方がよいと言われます。肩の痛みとインナーマッスルはどのような関係があるのでしょうか?
病院について
肩の痛みで悩んでいる人の為に、病院について調べてみました。
治療について
肩の痛みの治療について調べてみました。

このページの先頭へ戻る